ドックフードいろいろ

ドッグフードは、乾燥した袋入りのものや、缶詰などさまざまな種類のものが販売されています。なかには私たちが見てもとても美味しそうなものもあります。さらに材料もさまざま、栄養についてもよく考えて作られているので、もちろんそれだけでも十分です。犬の種類によっても必要な栄養素が入っているので、それにあったものを選べば間違いないでしょう。

基本的にはそれだけでいいのですが、たまに偏食気味とか太りやすいとか飼う環境によっても、犬の事情が変わってきます。そういった犬に関しては、食事の面で少し気遣いが必要になります。犬にも様々な病気があります。その原因として、偏食や運動不足、太りすぎなども考えられますので、少しの野菜などを加えて調整をしてみるのもいいでしょう。例えば、キャベツやにんじんなどを加える場合は、もちろん人間ほどの量は必要ないので、少しでいいのですが、生であげる場合はなるべく食べやすいように細かくしたり、または軽くゆでたりするのをお勧めします。キャベツやにんじんは、食物繊維が含まれていて、人間にはとてもいいのですが、犬にとっては消化不良になる場合があります。ビタミンが豊富なので、犬にとってもいいものですが、量と調理の仕方に気を付けましょう。