バランスのよい食事を

犬も人間と同様、いろんな性格があり、また偏食がある場合もあります。その結果、標準体重より重かったり軽かったり、疲れやすく、散歩に行っても座り込んでしまったりなど、そのしぐさはそれはそれでかわいいのですが、やはり健康状態としては気になるものです。太りすぎはやはり病気の原因になる場合も多く、特に注意が必要です。例えば、関節炎、腰痛などですが、糖尿病になる場合や心臓にも負担がかかってとても危険です。日頃から体重をチェックし、気になる場合は、なるべく早めに獣医師に相談しましょう。

さて、犬の肥満の原因ですが、種類によって太りやすい犬もいますが、やはり飼い主の愛情の偏りとでも言ったほうがいいかもしれません。つい可愛いからといって、食事を多めにあげたり、頻繁に何かを食べさせたりしていませんか。さらに、運動したがらない場合はそのままにしたり、もしくは飼い主の都合で散歩に行けなかったりしていませんか。そういった積み重ねがいつの間にか肥満に結びついてしまうようです。そうならないためにはやはり日頃から正しい食事と運動が大事になりますが、もしも肥満を感じたら少しずつ食事制限をしながら運動を増やすようにしていきましょう。その際、少量のキャベツやにんじんなどの野菜を混ぜ合わせてみるのもいいのではないでしょうか。